コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大濤 だいとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大濤 だいとう

?-1826 江戸時代後期の僧。
浄土真宗。近江(おうみ)(滋賀県)高宮の円照寺住職。常照にまなび,文政7年本願寺派の勧学となった。文政9年1月26日死去。別名に慈潮。著作に「他利利他弁」「雷山詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大濤の関連キーワード4月20日浄土真宗安藤昌益星の契り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android