勧学(読み)かんがく

精選版 日本国語大辞典 「勧学」の意味・読み・例文・類語

かん‐がく クヮン‥【勧学】

〘名〙
学問をすすめ励ますこと。
続日本紀‐天平宝字元年(757)閏八月壬戌「修省来表徳、勧学津染、崇法師範」 〔春秋左伝‐閔公二年〕
仏語諸宗勧学院の上主の称。転じて、浄土宗浄土真宗本願寺派などで、学僧に授ける学階最高位
※大観本謡曲・雷電(室町末)「さて勧学の室に入り僧正を頼み奉り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「勧学」の意味・読み・例文・類語

かん‐がく〔クワン‐〕【勧学】

[名](スル)
学問を勧め励ますこと。奨学
浄土宗浄土真宗本願寺派などで授ける、学階の最高位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「勧学」の読み・字形・画数・意味

【勧学】かん(くわん)がく

学問をすすめる。〔左伝、閔二年〕衞の、材を務め農を訓(をし)へ、じ工を惠み、へをし學をめ、方を授け能に任ず。

字通「勧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android