コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊徳太郎 おおくま とくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊徳太郎 おおくま-とくたろう

1849-1921 明治時代の農業指導者。
嘉永(かえい)2年7月生まれ。武蔵(むさし)足立郡鳩ケ谷(埼玉県)の人。明治19年平柳勧農会を組織し,農業改善についての談話会各所でひらく。同年第1回農産物品評会を開催。蓮根クワイの栽培法の改良,レンゲ種子の共同購入,二毛作の実施,麦作法の改良などにつくした。大正10年死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大熊徳太郎の関連キーワード明治時代嘉永

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android