コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二毛作 にもうさく

6件 の用語解説(二毛作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二毛作
にもうさく

同一耕地に同一年度内に2種類の作物を異なった時期に栽培する方法。一般には水田の二毛作をさす場合が多い。この場合,1年内に2回の稲作を行うものと,稲作 (表作という) のあとに麦作,緑肥作などの裏作を行うものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にもう‐さく【二毛作】

同じ耕地で、1年に二度、別種の農作物を栽培すること。→一毛作多毛作

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

二毛作【にもうさく】

同一耕地に異なる作物をそれぞれ年に1度ずつ栽培すること。ふつう,水稲収穫後に,冬作(裏作)として麦,イ(藺),ナタネレンゲソウなどを栽培することをいう。秋野菜や春作のジャガイモなども行われる
→関連項目一毛作代掻き

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にもうさく【二毛作 two‐crop system】

同じ水田あるいは畑に,1年のうちに2種類の作物を異なった時期に栽培する作付様式。季節の推移に対応して,夏作と冬作とを組み合わせた二毛作が最も一般的である。アジアモンスーン地帯最北域の島国としての特殊な気象条件を生かして,日本においては,水田に夏は湛水(たんすい)して湿潤熱帯性の水稲を栽培し,冬は水を落として畑地化して冷温帯性畑作物のムギを栽培する,水田の米麦二毛作技術が確立した。水稲の裏作にはレンゲソウ,ナタネ,ジャガイモ,ソラマメエンドウタマネギなども栽培された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にもうさく【二毛作】

一年間に米と麦、あるいは米と大豆というように、二種類の異なった作物を同一の耕地に栽培し収穫すること。日本では鎌倉時代以後普及したが、戦後の高度成長の過程で激減。 → 二期作一毛作

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二毛作
にもうさく

同じ耕地に、1年に2回、異なった種類の作物を作付けする土地利用をいう。農業を集約化していく方法として、集約的な栽培管理により収量増大を図るほかに、作付回数を増加し延べ作付面積を増やすことによって、限られた土地で収穫量を拡大していくことが行われてきた。「○年○作」という用語法は、土地利用率と輪作形式の両者を表現したもので、たとえば、毎年の稲―麦作付は一年二作の二毛作、早稲(わせ)―麦―晩稲(おくて)―冬休閑は二年三作で二毛作と一毛作の交互実施、稲―大麦―稲―レンゲは二年四作の毎年二毛作であって、地域の諸条件に対応して行われてきたものである。わが国の水田農業における代表的なものとしては、米麦二毛作があり、裏作には麦のほか地域によりナタネやレンゲも作付けられた。
 二毛作を制約する自然的・技術的要因の大きいものとして、気象と土壌(水)条件がある。寒冷・積雪などは冬作の生育を制約する。米麦二毛作の気象条件による経済的北限は、関東北部から北陸にかけての地域といわれてきた。また米麦二毛作では、湛水(たんすい)作物である夏作の稲と、畑作物である冬作の麦とが組み合わされている。この交互栽培には、人工的な灌漑(かんがい)・排水が進み、水の制御が可能な乾田化への土地改良が要件となっている。さらに作物の作季や作付期間を変える品種改良、容易に地力補給を可能にする肥料の使用、前作の収穫と後作の作付けを省力化する畜力化・機械化などが二毛作を発展させる技術的条件である。
 二毛作は鎌倉時代にはすでにかなり普及していたとみられている。第二次世界大戦後では、水田裏作としての麦の作付けをみると、1957年(昭和32)には70万4000ヘクタールであったが、技術の発達にもかかわらず社会経済的要因により減少し、89年(平成1)には13万1000ヘクタール、2000年には6万6000ヘクタールとなった。圧倒的な兼業農家による水稲単作化のもとで、日本の耕地土地利用率は94.5%(2000)である。そうしたなかで、限られた耕地では施設化も行われ、三毛作以上の多毛作も行われている。[波多野忠雄]
『八木宏典著『水田農業の発展論理』(1983・日本経済評論社) ▽吉田武彦著『水田軽視は農業を亡ぼす』(1987・農山漁村文化協会) ▽中島征夫著『地域複合農業の展開論理――地域営農をみつめて』(2000・農林統計協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二毛作の言及

【農業】より

…それは高温で多雨多湿の,東アジアの温帯モンスーン地域に属するという立地的特性にもよるが,同時に長い年月をかけて培われてきた,河川や溜池(貯水池)の利用による灌漑農法の発達の結果でもある。この水田稲作では,麦類などを中心に冬作物の裏作栽培も行われてきたが(水田二毛作),基本はやはり稲作であり,しかも年々その連作であった。(2)この稲作中心の灌漑農業,水田二毛作農業は,基本的に人間の手労働を中心として行われ,西欧農業などと比べて畜力利用もそれほど進まず,ことに農業の機械化が,最近まで著しく立ち遅れていたことである。…

【畑∥畠】より

…しかし律令国家の畠地支配はきわめて弱いものであり,その解体過程である10世紀後半から11世紀のころでも,〈畠に至りては国司の所知に非ず〉とされ,畠を公的な制度外のものとする法的慣習が根強かった。だがこの時期の畠作においては,畠地の開発が活発化し,冬作畠の麦と夏作畠の大豆を中心とした畠地二毛作も成立するなど,畠作生産力も発展していた。こうした畠の発展の成果をめぐって,10世紀末には国衙(こくが)によるさまざまな手段を用いての,畠地を収奪の対象に組み入れようとする動きが表面化してくる。…

※「二毛作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二毛作の関連キーワード一年忌一年生一年麦休筆通年年一年頭は一年物三百六十五日一年の牧歌小学一年生

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二毛作の関連情報