コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大珍彭僊 だいちん ほうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大珍彭僊 だいちん-ほうせん

1748-1820 江戸時代中期-後期の僧。
寛延元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。大州竺仙の法をつぎ,三河(愛知県)竜拈寺の住持となった。文政3年10月22日死去。73歳。三河出身。著作に「法界或問止啼銭(ほっかいわくもんしていせん)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大珍彭僊の関連キーワードアンペール大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)