コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畠瀬戸 おおばたけのせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大畠瀬戸
おおばたけのせと

山口県南東部,本土の柳井市大島間にある狭い海峡。別称大島瀬戸。幅約 800m,最大流速 9.8ktの急潮と大小の暗礁がある航行上の難所周防灘広島湾を結ぶ最短コースで大型船の航行が多い。 1976年最狭部に連続トラス橋形式の大島大橋が竣工し,島の孤立性が緩和した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕大畠瀬戸(おおばたけせと)


山口県南東部、本州と屋代(やしろ)島を隔てる海峡。最狭部の幅は約800mだが、可航水路は約290mに過ぎない。古く『万葉集』に遣新羅使(けんしらぎし)の田辺秋庭(たなべのあきにわ)が「名に負う鳴門の渦潮に」と詠んだ「鳴門」は阿波(あわ)の鳴門ではなく、この瀬戸のこととされる。広島湾から周防灘(すおうなだ)に通じる瀬戸内海航路の要衝で、中・小型船が1日約300隻航行する。海上交通安全法により航行経路が指定されている。1976年(昭和51)大島(おおしま)大橋が架橋された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大畠瀬戸の言及

【大畠[町]】より

…人口3892(1995)。南は大畠瀬戸に面し,平たん地はきわめて少ない。中心集落の大畠は古くから瀬戸内海交通の要衝として開け,屋代島(周防大島)への連絡港でもあった。…

※「大畠瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大畠瀬戸の関連キーワード山口県大島郡周防大島町海上交通安全法山口県柳井市大畠[町]大畠〈町〉大島[町]柳井(市)田辺秋庭遣新羅使万葉集鳴門大畠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大畠瀬戸の関連情報