柳井市(読み)やない

  • やないし〔やなゐ〕
  • 柳井〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口県東部,瀬戸内海に臨む市。平郡島を含む。 1954年柳井町と日積村,伊陸村,新庄村,余田村の4村が合体して市制。同年平郡村,1956年阿月村,伊保庄村を編入。 2005年大畠町と合体。中心市街地東部の柳井港は古くからの良港で,岩国藩物資の移入口として繁栄した。伝統の柳井縞甘露醤油の産地。近年は港が浅くなり,船舶の大型化も影響して港の機能は衰退した。周南工業整備特別地域 (→周南工業地域 ) の東部を占め,電機工場がある。茶臼山古墳 (国指定史跡) ,余田臥竜梅 (よたがりゅうばい。国指定天然記念物) などがある。 JR山陽本線,国道 188号線や内陸部各地へ向かう地方道が集まる交通の要地。大畠と対岸大島が大島大橋で結ばれるほか,柳井港からフェリーで三津浜港 (愛媛県松山市) に通じる。面積 140.05km2。人口 3万2945(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳井市の関連情報