コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急潮 きゅうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急潮
きゅうちょう

沿岸域で突然流れが速くなり,沿岸に設置された定置網や養殖網に被害を与える現象。相模湾・駿河湾・鹿島灘・天草灘などで古くから知られている。これは黒潮や親潮の流向変化による影響,低気圧通過による吹送流の発達,潮汐流の影響などが原因として考えられてきた。相模湾では黒潮の接近,低気圧の通過に伴い発生した境界波などが原因で起こることが多く,駿河湾では潮汐からエネルギーを受けて発生する内部潮汐によることが明らかにされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ちょう〔キフテウ〕【急潮】

流れの速い潮流。
太平洋岸で、外洋水が沿岸に押し寄せる現象。冬季、沖合を低気圧が通過するときに起こることが多く、相模湾・駿河湾ではブリの大漁をもたらす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

急潮【きゅうちょう】

大急潮とも。駿河湾,相模湾などの太平洋沿岸の湾で,冬〜春に外洋水が急に湾内に流入する現象。ブリの群などが一緒に湾内に入り大漁となることもある。原因としては,大気の不連続線の通過や低気圧による強い南風などがあげられる。
→関連項目黒潮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちょう【急潮】

一般的には流れの早い潮,急な潮流を指す。海洋学でいう急潮とは,日本の太平洋沿岸,特に相模湾や駿河湾などで,外洋水が湾内に急に流入する現象であり,単に流速の大小を言っているのではない。この現象は大急潮とも呼ばれる。急潮は冬から春にかけてほぼ1ヵ月に1度の割合で起こることが多い。急潮時の沿岸流速は毎秒20cmから50cmに達する。急潮に伴い水温が1℃から3℃くらい急に上昇するのが普通である。このような急潮の原因はよくわかっていないが,低気圧や前線の通過などの気象状況や,沖合の海流の流速流向と密接な関係があると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちょう【急潮】

流れの速い潮流。海底に起伏のある所や礁上しようじようを波紋をつくりながら速く流れる。
太平洋沿岸、特に相模湾や駿河湾などで見られる異常海流現象。外洋水が急に湾内に流入する。その後、沿岸にブリの大漁をもたらす。
転じて、時の流れの変化が激しいこと。 「英露の関係は頗る-を呈した/此一戦 広徳

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急潮の関連情報