コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大眉 たいび

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大眉 たいび

1827-1884 幕末-明治時代の陶工。
文政10年生まれ。慶応元年長門(ながと)阿武郡椿郷(つばきごう)東分村(山口県萩(はぎ)市)の小畑焼の泉流山(せんりゅうざん)窯を修復して京焼風の磁器などを製作した。大眉焼,泉流山焼とよばれた。明治17年8月22日死去。58歳。本名は大賀幾介(助)(おおが-いくすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおまゆ【大眉】

まゆずみで、太く描いた眉。 「齢二八ばかりなる小児の、-に鉄漿かね黒なり/太平記 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大眉の関連キーワード鶴屋南北(4代)山口県萩市椿東天王寺屋五兵衛吉賀大眉記念館2月14日明治時代2月8日鉄眼道光西本瑛泉松平直亮吉賀将夫天王寺屋大眉性善黄檗宗性善陶工鉄漿

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android