コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大真国 だいしんこくDa-zhen-guo; Ta-chên-kuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大真国
だいしんこく
Da-zhen-guo; Ta-chên-kuo

中国,末期に遼東地方に拠った国 (1215~33) 。金の大安3 (11) 年チンギス・ハン (成吉思汗) が金に侵入すると,契丹人耶律留哥 (やりつりゅうか) が金の本拠地の満州でそむき,モンゴル軍に内付した。その討伐を命じられた遼東宣撫使蒲鮮万奴 (ほせんまんど) は,貞祐3 (15) 年金にそむき自立して大真国を建て,年号を天泰とした。大真国の勢力は吉林省から朝鮮北部に及んだと考えられるが,金滅亡の1年前に蒲鮮万奴はモンゴル軍に捕えられ,大真国は滅亡した。なお東真国,東夏国とする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大真国の関連キーワード開元路

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android