コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶律留哥 やりつりゅうかYe-lü Liu-ge; Yeh-lü Lü-ko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶律留哥
やりつりゅうか
Ye-lü Liu-ge; Yeh-lü Lü-ko

[生]?
[没]興定4(1220)
中国,末の叛将。契丹人。大安2 (1210) 年モンゴルが金に侵入すると満州の契丹人を集めて金にそむき,モンゴルと通じて金軍を破った。崇慶2 (13) 年自立して王と称し,国号を遼 (偽遼国) とし,翌年金将蒲鮮万奴 (ほせんまんど) らの軍を破り,遼東の州郡を支配して咸平 (遼寧省開元県) を都とし,中京と号した。貞祐3 (15) 年自立した蒲鮮万奴とともに満州を分有。同年偽遼国内の兵変で追放されるとモンゴルに投じ,その援護で偽遼国を討つこと3年に及び,戦いの結果,契丹人の余衆を与えられ,遼の旧都臨 潢府の近くに移された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耶律留哥の関連キーワード大真国

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android