大籠(読み)おおかご

  • おおごもり おほ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 大勢でおこもりすること。多人数の参籠(さんろう)
※虎明本狂言・鞍馬参(室町末‐近世初)「誠にいつもより大ごもりで御ざった」
② 左右の足を回しながら歩くこと。
※宝石類書(1752)四〇(古事類苑・礼式二)「宗直云、左右足廻行歩云籠、大籠小籠と云義有之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大籠の言及

【藤沢[町]】より

…山林では南部アカマツの良材を産する。南東端の大籠(おおかご)には,永禄年間(1558‐70)備中より製鉄技法とともにキリシタン信仰が伝わったが,江戸時代初期,仙台藩によって300余人のキリシタンが処刑された。【松橋 公治】。…

※「大籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android