大綿津見神(読み)おおわたつみのかみ

世界大百科事典 第2版の解説

おおわたつみのかみ【大綿津見神】

日本神話にみえる神の名。ワタは海,ワタツミとは海の霊を意味する。ワタの語源はさだかではないが,うみ,うなばらなどが自然としての海を想起させるのに対し,霊的なもののすみかとしての海を意味するようである。ワタツミノカミをまつる神社はいくつかあるが,とくにオオワタツミノカミとは,海底宮殿に住み,海の幸またの水を支配する神格として記紀の海幸・山幸の話に登場する神を指す。兄の海幸彦に借りた釣針を失った山幸彦(瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の子)が,を求めて訪れたのが綿津見の宮であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大綿津見神の言及

【綿津見国】より

…日本神話にみえる神話上の地名。海神大綿津見(おおわたつみ)神がすむとされる海底の国。〈ワタ〉は〈渡る〉にもとづき,海坂(うなさか)のはるか沖にある理想郷とされた。…

※「大綿津見神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる