コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海幸山幸 ウミサチヤマサチ

2件 の用語解説(海幸山幸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うみさち‐やまさち【海幸山幸】

日本神話の一。弟の山幸彦(彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと))は兄の海幸彦(火照命(ほでりのみこと))に漁猟の道具をとりかえてもらい、漁に出たが釣り針をなくしてしまう。釣り針を返せと責められた山幸彦は塩土老翁(しおつちのおじ)に助けられて海神(わたつみのかみ)の宮へ行き、釣り針と潮盈瓊(しおみつたま)潮涸瓊(しおひるたま)を得て帰り、兄に報復した話。天孫族が、隼人(はやと)族を屈服させたことを神話化したともみられ、仙郷滞留説話・神婚説話浦島説話の先駆と考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみさちやまさち【海幸山幸】

記紀に見える神話の一。海幸彦(火照命ほでりのみこと)と山幸彦(彦火火出見尊ひこほほでみのみこと)の兄弟神は弟の要求により互いの漁猟の道具を取り替える。兄の釣り針をなくした山幸彦は海神の宮殿に赴き、釣り針と潮盈珠しおみつたま・潮乾珠しおひるたまを得て兄を打ち負かす。隼人族の服従を説く神話であり、また仙郷滞留説話・神婚説話・浦島伝説の先駆ともされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海幸山幸の関連情報