コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海幸山幸 ウミサチヤマサチ

2件 の用語解説(海幸山幸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うみさち‐やまさち【海幸山幸】

日本神話の一。弟の山幸彦(彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと))は兄の海幸彦(火照命(ほでりのみこと))に漁猟の道具をとりかえてもらい、漁に出たが釣り針をなくしてしまう。釣り針を返せと責められた山幸彦は塩土老翁(しおつちのおじ)に助けられて海神(わたつみのかみ)の宮へ行き、釣り針と潮盈瓊(しおみつたま)潮涸瓊(しおひるたま)を得て帰り、兄に報復した話。天孫族が、隼人(はやと)族を屈服させたことを神話化したともみられ、仙郷滞留説話・神婚説話浦島説話の先駆と考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うみさちやまさち【海幸山幸】

記紀に見える神話の一。海幸彦(火照命ほでりのみこと)と山幸彦(彦火火出見尊ひこほほでみのみこと)の兄弟神は弟の要求により互いの漁猟の道具を取り替える。兄の釣り針をなくした山幸彦は海神の宮殿に赴き、釣り針と潮盈珠しおみつたま・潮乾珠しおひるたまを得て兄を打ち負かす。隼人族の服従を説く神話であり、また仙郷滞留説話・神婚説話・浦島伝説の先駆ともされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海幸山幸の関連キーワード神上がる玉井地神五代山幸彦高千穂宮彦火火出見尊火遠理命無目堅間

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海幸山幸の関連情報