コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海幸山幸 ウミサチヤマサチ

デジタル大辞泉の解説

うみさち‐やまさち【海幸山幸】

日本神話の一。弟の山幸彦彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと))は兄の海幸彦火照命(ほでりのみこと))に漁猟の道具をとりかえてもらい、漁に出たが釣り針をなくしてしまう。釣り針を返せと責められた山幸彦は塩土老翁(しおつちのおじ)に助けられて海神(わたつみのかみ)の宮へ行き、釣り針と潮盈瓊(しおみつたま)潮涸瓊(しおひるたま)を得て帰り、兄に報復した話。天孫族が、隼人(はやと)族を屈服させたことを神話化したともみられ、仙郷滞留説話・神婚説話浦島説話の先駆と考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみさちやまさち【海幸山幸】

記紀に見える神話の一。海幸彦(火照命ほでりのみこと)と山幸彦(彦火火出見尊ひこほほでみのみこと)の兄弟神は弟の要求により互いの漁猟の道具を取り替える。兄の釣り針をなくした山幸彦は海神の宮殿に赴き、釣り針と潮盈珠しおみつたま・潮乾珠しおひるたまを得て兄を打ち負かす。隼人族の服従を説く神話であり、また仙郷滞留説話・神婚説話・浦島伝説の先駆ともされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海幸山幸の関連キーワード日向系神話(ひゅうがけいしんわ)彦火火出見尊大綿津見神末子成功譚火須勢理命ヤマアラシ速玉之男神タイ(魚)火遠理命わざおぎ綿津見国日本神話瓊瓊杵尊塩土老翁真床追衾浦島伝説火闌降命火照命玉依姫玉手箱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海幸山幸の関連情報