大蓋(読み)おおぶた

  • おおぶた おほ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 宴席で口取肴などを盛る角形の蓋状の器の大きいもの。大形の硯蓋。また、その料理。
※滑稽本・四十八癖(1812‐18)初「大ぶたが二枚でると、ひっぱり合って餓鬼道の体想だ」
② 茶の湯で、釜の蓋の、直径四寸(約一二センチメートル)以上のもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android