餓鬼道(読み)がきどう

精選版 日本国語大辞典の解説

がき‐どう ‥ダウ【餓鬼道】

〘名〙 仏語。五道、または六道の一つ。餓鬼の世界、またはその状態。餓鬼界。餓鬼。
※往生要集(984‐985)大文一「第二明餓鬼道者、住処有二」
※今昔(1120頃か)四「地獄に堕ぬと見れば餓鬼道に堕ぬ」 〔大智度論‐六〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がき‐どう〔‐ダウ〕【餓鬼道】

六道の一。餓鬼の世界。常に飢えと渇きに苦しむ亡者の世界。
「大海に浮かぶといへども、潮なれば飲むこともなし。是れ又―の苦とこそおぼえ候ひしか」〈平家・灌頂〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の餓鬼道の言及

【餓鬼】より

…天,人,修羅(しゆら),畜生(ちくしよう),餓鬼,地獄を六道とも六(悪)趣とも言い,行いの善悪によって六道の中で生死を繰り返すのが輪廻(りんね)である。この人生において物質上の,とくに食物についての欲望の強い人,むさぼりの心のつよい人は死後,餓鬼道に落ちるのである。このことから他人をいやしめて餓鬼と呼んだり,生きながら餓鬼道に落ちると言ったり,また,子どもは普通,食欲が旺盛であるので,子どもを餓鬼と呼んだりする。…

【六道】より

…業によって趣き住む所なのでこれを六趣(ろくしゆ)ともいうが,六道は悪趣ともいって苦の世界である。すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。…

※「餓鬼道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android