コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口取り肴 クチトリザカナ

デジタル大辞泉の解説

くちとり‐ざかな【口取り×肴】

饗膳(きょうぜん)で吸い物とともに、最初に出す皿盛り物。かまぼこきんとん・鳥・野菜の類を、甘みをきかせて調理したもの。3品から9品まで奇数で取り合わせる。古式本膳(ほんぜん)料理では、勝栗(かちぐり)・熨斗鮑(のしあわび)・昆布を三方にのせたもの。くちとりもの。くちとり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くちとりざかな【口取り肴】

古くは、饗膳の最初に座付き吸い物とともに出される酒の肴(さかな)をいい、かち栗・昆布・のしあわびを三方にのせたものだった。饗膳が儀礼的なものから楽しみ味わうものになるに従い、食味を重視した料理を用いるようになり、後に江戸時代・明治時代の会席料理などではかまぼこ・きんとん・だて巻き・寄せ物・魚や鳥や野菜などを甘く煮たものなどを用いるようになった。この甘いものを中心とした料理は、多くの場合その場では食べずに折詰にして土産とするものだった。また、婚礼の祝儀の膳などの引き出物として用いるようになったが、こんにちではその習慣も変わりつつある。◇「口取り物」ともいう。「口取り」と略す。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くちとりざかな【口取り肴】

饗膳きようぜんで、吸い物とともに最初に出す酒肴しゆこう。古くは、熨斗鮑のしあわび・昆布・勝栗など。のちには、きんとん・かまぼこ・卵焼きなどを盛り合わせたもの。組み肴。口取り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

口取り肴の関連キーワード口代わり・口替わり・口代り・口替り口代わり/口替わり口取り皿組み肴硯蓋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android