コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷武一 おおたに ぶいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷武一 おおたに-ぶいち

1887-1966 大正-昭和時代の体育指導者。
明治20年5月14日生まれ。母校東京高師の教授をへて,文部省体育研究所技師となり,昭和5年日本体操連盟の創立にかかわる。24年東京教育大初代体育学部長。ソフトボール,ハンドボールを日本に紹介した。日本体育指導者連盟会長。昭和41年1月29日死去。78歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにぶいち【大谷武一】

1887‐1966(明治20‐昭和41)
学校体育の功労者。兵庫県に生まれる。1904年に姫路師範学校を卒業後,東京高等師範学校に進学,13年に同校卒業,翌14年に同校助教授に任官される。17年文部省留学生として渡米し,シカゴ大学ペンシルベニア大学において体育理論,生理・解剖学を学ぶとともに水泳のクロール泳法を研究,帰国の途中にヨーロッパを視察する。その後,体操科教員検定委員,文部省視学官,学校体操教授要目制定委員などを歴任。また,ラジオ体操の誕生に大きくあずかったのをはじめ,ハンドボールおよびソフトボールを日本に初めて紹介するとともに,ウェイトリフティングと体操の協会設立に尽力するなど,第2次世界大戦前の日本のスポーツ界に大きく貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大谷武一の関連キーワードドッジボール三浦 ヒロ昭和時代体操競技大正

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android