大赤浮草(読み)オオアカウキクサ

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐あかうきくさ おほ‥【大赤浮草】

〘名〙 シダ類サンショウモ科の多年生水草。北海道を除く各地の水田、池沼、たまり水などの水面に生え、しばしば群生する。アカウキクサに似るが、やや大形で長さ一~二センチメートルになり、葉の表面が滑らかな点で異なる。茎は三角形で羽状に密に分枝し、葉は長さ二ミリメートルぐらいの鱗片状で茎に密生する。表面は帯紅緑色または鮮緑色だが、冬季は紅色が濃くなる。裏面は淡緑色。国によっては飼料や薬草にも利用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android