コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大里桃隣 おおさと とうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大里桃隣 おおさと-とうりん

1818-1885 江戸後期-明治時代の鍼医。
文政元年生まれ。生まれながらの盲目で,郷里下総(しもうさ)香取(かとり)郡村田村(千葉県)の耕田寺の僧桃雲に師事して鍼術をおさめた。のち江戸で右京市にまなび,その術をきわめる。帰郷して開業し,おおくの人々をたすけた。明治18年12月14日死去。68歳。幼名は鶴次郎。名は定国。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大里桃隣の関連キーワード明治時代鍼医

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android