コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前出目家 えちぜんでめけ

世界大百科事典 第2版の解説

えちぜんでめけ【越前出目家】

近世世襲能面作家の家系。室町時代の末から江戸時代を通じて能面制作の主流をなし,出目本家ともいわれる。三光坊の甥二郎左衛門満照が開祖で,彼は天文(1532‐55)ごろ活躍したと伝えられ,滋賀県西教寺の木造真盛上人像(1581)は彼の作品と考えられている。2代二郎左衛門則満,3代源助秀満(古源助)までは越前府中(現,福井県武生市)に住したが,4代元休満永(古元休)は京都に移り,のち10代満守まで江戸に定住した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

越前出目家の関連キーワード弟子出目家大野出目家児玉家出目家面打

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android