コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野紅かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

大野紅かぶ

北海道北斗市で生産されるカブ。根、茎とも紅く、果肉も薄紅色に着色する赤カブ。道南地方の大野町江戸時代から栽培されてきたとされる。漬物などに加工される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大野紅かぶ[根菜・土物類]
おおのべにかぶ

北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に北斗市で生産されている。関西地方の赤かぶの種を移入し、江戸時代から栽培された紅かぶ。北海道亀田郡大野町(現・北斗市)付近で成立したためこの名がある。根も葉柄、葉身まで濃い紅色で、浅漬けや千枚漬などに加工されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

大野紅かぶの関連キーワード北海道北斗市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android