大野紅かぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大野紅かぶ[根菜・土物類]
おおのべにかぶ

北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に北斗市で生産されている。関西地方の赤かぶの種を移入し、江戸時代から栽培された紅かぶ。北海道亀田郡大野町(現・北斗市)付近で成立したためこの名がある。根も葉柄、葉身まで濃い紅色で、浅漬けや千枚漬などに加工されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android