大関和七郎(読み)おおぜき わしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関和七郎 おおぜき-わしちろう

1836-1861 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。安政7年3月,兄の黒沢忠三郎らとともに桜田門外で大老井伊直弼(なおすけ)を襲撃。事件後熊本藩邸に自首し,翌文久元年7月26日処刑された。26歳。本姓は黒沢。名は増美。字(あざな)は子質。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android