コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪しろな

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大阪しろな[葉茎菜類]
おおさかしろな

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
江戸時代から栽培が始まった。原産地は大阪市で、収穫時期は周年。大阪市天満橋付近で栽培が盛んだったため、天満菜とも呼ばれる。早生種・中生種・晩生種がある。いずれも葉柄が鮮やかな白色で平軸。なにわの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

大阪しろなの関連キーワード大阪府大阪市近畿地方江戸時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪しろなの関連情報