コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪・難波宮遺跡 おおさかなんばぐういせき

1件 の用語解説(大阪・難波宮遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

大阪・難波宮遺跡

7世紀中頃(飛鳥時代)に墨書された最古の万葉仮名の木簡が2006年に判明するなど、近年、重要な遺構・遺物の発見が相次いでいる大阪市中央区の大阪城そばの遺跡。木簡は長さ18.5cmで「皮留久佐乃皮斯米之刀斯(春草のはじめの年)」の11文字が判読できる。大化改新クーデター(645年)で都が飛鳥から難波に遷都した直後のもので、通説の万葉仮名成立期が数十年さかのぼることになった。南北約754m、東西約615mと確認された同宮跡からはほかに、「戊申(ぼしん)年」(648年)と書かれた最古の年号入り木簡や、国家祭祀(さいし)に用いられた最古の絵馬37点、迎賓館のような遺構などが見つかっている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪・難波宮遺跡の関連キーワード飛鳥時代甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡石神(いしがみ)遺跡飛鳥京庭園跡難波宮(なにわのみや)跡最古の神像島根・山持(ざんもち)遺跡新潟・延命寺遺跡飛鳥京跡サンジャン洗礼堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone