コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪造幣寮 おおさかぞうへいりょう

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかぞうへいりょう【大阪造幣寮】

明治政府の貨幣鋳造機関。明治初年の通貨混乱に対する外圧から建設が急がれたため,結果として明治政府最初の大規模西洋建築となった。1868年(明治1)着工,71年開業。鋳造機械は政商グラバーを介して香港より輸入,建設資材も多く外国に仰いだ。建築設計はウォートルス。遺構が一部,泉布観(旧応接所),桜宮公会堂玄関(旧鋳造所正面玄関)として現存する。ともに重要文化財。【丸山 茂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大阪造幣寮の関連キーワードウイリアム ガウランドおもなお雇い外国人ウォーターズエルメレンスガウランド大野規周キンダー加納夏雄ブラガ造幣局硫酸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android