コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪造幣寮 おおさかぞうへいりょう

1件 の用語解説(大阪造幣寮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかぞうへいりょう【大阪造幣寮】

明治政府の貨幣鋳造機関。明治初年の通貨混乱に対する外圧から建設が急がれたため,結果として明治政府最初の大規模西洋建築となった。1868年(明治1)着工,71年開業。鋳造機械は政商グラバーを介して香港より輸入,建設資材も多く外国に仰いだ。建築設計ウォートルス。遺構が一部,泉布観(旧応接所),桜宮公会堂玄関(旧鋳造所正面玄関)として現存する。ともに重要文化財。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone