外圧(読み)がいあつ(英語表記)gaiatsu; external pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「外圧」の解説

外圧
がいあつ
gaiatsu; external pressure

日本の市場開放をはじめとする政策の変更や新規の政策の実施を求めて,外国から加えられる圧力。これまでの貿易摩擦,特に日本の市場開放問題における交渉経過をみると,日本は当初国内への配慮から激しく抵抗するが,きびしい力が外国から加えられると最終的には外国の要求をのむというケースが多く,アメリカの関係者には,日本との交渉では外圧が有効だという認識が広がっている。また C.プレストウィッツは『日米逆転』のなかで「日本人は国内で解決できない問題を解決するために,しばしば外圧を利用する」と書いている。このように外圧は内外で日本の市場開放を実現するための戦術として,そのまま英語としても通用するほど広く使われるようになっている。しかし,アメリカや中国など日本が政治・経済的,あるいは歴史的に依存することが多い国からの外圧は奏効する可能性が高いが,その他の国からの外圧の可能性は低いのも実情である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「外圧」の解説

がい‐あつ グヮイ‥【外圧】

〘名〙
① 物理学で、物体の表面に外部から働く圧力をいう。内圧に対する。
② 外国から加えられる圧力。
※現代における自我(1959)〈小田切秀雄〉「外圧によって人民民主主義政権が成立した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android