コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陸台地玄武岩 たいりくだいちげんぶがん continental plateau basalt

1件 の用語解説(大陸台地玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

大陸台地玄武岩

大陸内で水平に近い熔岩流の重なりによって大規模な熔岩台地を形成する玄武岩大陸洪水玄武岩(flood basalt)と同じである.大部分はソレアイト質であるが,起源の異なるアルカリ玄武岩デイサイト,流紋岩を伴う場合もある.熔岩は割れ目噴火によって短期間に流出したもので,一枚の熔岩流の厚さは10m程度であるが,多量に流出して厚さが2000m以上に達する台地を形成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大陸台地玄武岩の関連キーワードシャイア水平振子ホーニト熔岩滴丘塊状熔岩アノスマダガラ熱亀裂吹き穴熔岩環状丘

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone