大隈 信常(読み)オオクマ ノブツネ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

大隈 信常
オオクマ ノブツネ


肩書
衆院議員,早稲田大学名誉総長

生年月日
明治4年8月16日

出生地
長崎県平戸

学歴
東京帝大法科大学〔明治32年〕卒

経歴
三井物産に入社。明治35年大隈重信の養子となり、欧米留学後早稲田大学教授、早稲田中学校長の後、大正12年早稲田大学名誉総長となった。この間4年には前橋市から衆院議員に当選、11年候爵を襲爵、貴院議員となった。また大隈首相秘書官も務めた。

没年月日
昭和22年1月11日

家族
養父=大隈 重信(首相) 兄=松浦 厚(伯爵)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android