大隈 信常(読み)オオクマ ノブツネ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

大隈 信常
オオクマ ノブツネ


肩書
衆院議員,早稲田大学名誉総長

生年月日
明治4年8月16日

出生地
長崎県平戸

学歴
東京帝大法科大学〔明治32年〕卒

経歴
三井物産に入社。明治35年大隈重信の養子となり、欧米留学後早稲田大学教授、早稲田中学校長の後、大正12年早稲田大学名誉総長となった。この間4年には前橋市から衆院議員に当選、11年候爵を襲爵、貴院議員となった。また大隈首相秘書官も務めた。

没年月日
昭和22年1月11日

家族
養父=大隈 重信(首相) 兄=松浦 厚(伯爵)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android