コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大魯 たいろ

世界大百科事典 第2版の解説

たいろ【大魯】

1730?‐78(享保15?‐安永7)
江戸中期の俳人。姓は今田,名は為虎。のち吉分姓。馬南,蘆陰舎とも号する。徳島藩士だったが致仕,1766年(明和3)ごろ上洛して文誰,さらに蕪村に師事し,蕪村の高弟として活躍,73年(安永2)大坂で宗匠となり中興俳諧諸家と交わる。その後事を起こして兵庫に移り,不遇のうちに没した。激しやすい性格で人にいとわれたが,真率純情で,平明直截な詩情ある句を成した。〈海は帆に埋れて春の夕かな〉(《蘆陰句選》)。【田中 道雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大魯の関連キーワード一本亭芙蓉花七五三長斎増田 渉江森月居田辺百堂吉分大魯今田大魯いろ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大魯の関連情報