コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道雄 どうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道雄 どうゆう

どうおう

道雄 どうおう

?-851 平安時代前期の僧。
真言宗。慈勝に唯識(ゆいしき)を,東大寺の長歳(ちょうさい)に華厳(けごん)をまなぶ。のち空海より灌頂(かんじょう)をうけ,十大弟子のひとりとなる。山城(京都府)に華厳・真言兼学の海印寺を創建し開山(かいさん)となった。嘉祥(かしょう)3年権少僧都(ごんのしょうそうず)。仁寿(にんじゅ)元年6月8日死去。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓佐伯法名は「どうゆう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道雄

没年:仁寿1.6.8(851.7.10)
生年:生年不詳
平安前期の真言宗の僧。空海十大弟子のひとり。空海と同じ讃岐多度郡(香川県善通寺市)の佐伯氏出身。法相宗を修めたのち,東大寺で華厳を学び日本華厳の第7祖となる。次いで空海に師事して密教灌頂を受け,山城乙訓郡(京都府乙訓郡大山崎町)に海印寺を建立して華厳と真言の宣揚を図った。嘉祥3(850)年,道雄,実慧の業績を讃えて出身氏族の佐伯氏に宿禰の姓が与えられた。最終僧位は権少僧都。道雄の動向は真言密教と華厳,空海と東大寺の密接な関係,および空海の属した佐伯一族の結束を最もよく象徴する。弟子に基海,道義など。<参考文献>守山聖真編『文化史上より見たる弘法大師伝』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

道雄の関連キーワードミッチェル(Sir Thomas Livingstone Mitchell)リヒテンシュタイン(Alfred Lichtenstein)悩む力/べてるの家の人びとホワイトウォッシュ本日ただいま誕生十七弦・十七絃宮城道雄記念館スズキ[株]昭和の精神史だがしや楽校ビルマの竪琴宮城 喜代子鈴木 嘉代子夜が傷つけた越天楽変奏曲まど・みちお麗明 都志子古川 太郎宮城 数江三上 澄恵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道雄の関連情報