コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道雄 どうゆう

3件 の用語解説(道雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道雄 どうゆう

どうおう

道雄 どうおう

?-851 平安時代前期の僧。
真言宗。慈勝に唯識(ゆいしき)を,東大寺の長歳(ちょうさい)に華厳(けごん)をまなぶ。のち空海より灌頂(かんじょう)をうけ,十大弟子ひとりとなる。山城(京都府)に華厳・真言兼学の海印寺を創建し開山(かいさん)となった。嘉祥(かしょう)3年権少僧都(ごんのしょうそうず)。仁寿(にんじゅ)元年6月8日死去。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓は佐伯。法名は「どうゆう」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

道雄

没年:仁寿1.6.8(851.7.10)
生年:生年不詳
平安前期の真言宗の僧。空海十大弟子のひとり。空海と同じ讃岐多度郡(香川県善通寺市)の佐伯氏出身。法相宗を修めたのち,東大寺で華厳を学び日本華厳の第7祖となる。次いで空海に師事して密教灌頂を受け,山城乙訓郡(京都府乙訓郡大山崎町)に海印寺を建立して華厳と真言の宣揚を図った。嘉祥3(850)年,道雄,実慧の業績を讃えて出身氏族の佐伯氏に宿禰の姓が与えられた。最終僧位は権少僧都。道雄の動向は真言密教と華厳,空海と東大寺の密接な関係,および空海の属した佐伯一族の結束を最もよく象徴する。弟子に基海,道義など。<参考文献>守山聖真編『文化史上より見たる弘法大師伝』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道雄の関連キーワード弘法大師真済泰範大報恩寺円明杲隣真境真紹智泉忠延

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道雄の関連情報