コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鹿愍成 おおしか みんじょう

1件 の用語解説(大鹿愍成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鹿愍成 おおしか-みんじょう

1857-1925 明治-大正時代の仏教学者。
安政4年6月23日生まれ。浄土宗の僧。明治6年東京増上寺で石井(いわい)大宣から法をつぐ。38年宗教大(現大正大)教授,44年学長。唯識(ゆいしき)の研究で知られた。大正7年京都金戒光明寺住職。大正14年11月18日死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は広蓮社深誉心阿。著作に「選択集(せんちゃくしゅう)聴講記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大鹿愍成の関連キーワード北欧美術治安維持法ドイツ映画接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone