コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鹿愍成 おおしか みんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鹿愍成 おおしか-みんじょう

1857-1925 明治-大正時代の仏教学者。
安政4年6月23日生まれ。浄土宗の僧。明治6年東京増上寺で石井(いわい)大宣から法をつぐ。38年宗教大(現大正大)教授,44年学長。唯識(ゆいしき)の研究で知られた。大正7年京都金戒光明寺住職。大正14年11月18日死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は広蓮社深誉心阿。著作に「選択集(せんちゃくしゅう)聴講記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大鹿愍成の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android