コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井大宣 いわい だいせん

1件 の用語解説(石井大宣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井大宣 いわい-だいせん

1802-1884 江戸後期-明治時代の僧。
享和2年生まれ。浄土宗。文政元年から江戸増上寺でまなび,江戸の霊巌寺,伝通院の住職などをへて,明治5年増上寺をつぐ。11年宗制により両部管長制がしかれ,静岡県以東の東部管長となった。明治17年1月29日死去。83歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は小山。字(あざな)は一譲。号は恭蓮社温誉良阿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井大宣の関連キーワード光の科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行労働基準法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone