コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の南極 てんのなんきょくcelestial south pole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天の南極
てんのなんきょく
celestial south pole

地球上の観測地点を通り地球の自転軸に平行な直線が天球と交わる2点のうち,南側にあるもの。地球の南極に立つ観測者にとって天頂にあたる。 (→天の北極 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐の‐なんきょく【天の南極】

南極2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

天の南極の関連キーワードテーブルさん座(テーブル山座)みなみじゅうじ(南十字)座きょしちょう座(巨嘴鳥座)はちぶんぎ座(八分儀座)ふうちょう座(風鳥座)はちぶんぎ(八分儀)座ふうちょう(風鳥)座とびうお座(飛魚座)みなみじゅうじ座きょしちょう座テーブルさん座はちぶんぎ座テーブル山座カメレオン座ふうちょう座みずへび座コンパス座とびうお座かじき座アケロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android