天は赤い河のほとり

デジタル大辞泉プラスの解説

天は赤い河のほとり

篠原千絵による漫画作品。“天”は「そら」と読ませる。現代の少女と古代の皇子オリエントの大地を駆ける大河巨編。『少女コミック』1995年3号~2002年13号に連載。小学館フラワーコミックス全28巻。第46回(2000年度)小学館漫画賞(少女部門)受賞。

天は赤い河のほとり

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。“天”は「そら」と読ませる。脚本:小柳奈穂子。2018年、宝塚大劇場にて宙組が初演。篠原千絵による同名の漫画作品を原作とするミュージカル

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android