天万(読み)てま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天万
てま

鳥取県西部,南部町会見地区の中心集落。手間,天萬とも書く。旧手間村。 1955年賀野村と合体し会見町,さらに 2004年に西伯町と合体して南部町となる。江戸時代は出雲街道の宿場町。付近には古墳群,条里制遺構が多く,古くから出雲文化につながりをもって開けた土地。オオクニヌシノミコトが八十 (やそ) 神の悪計で遭難した伝説をもつ手間山がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android