南部町(読み)なんぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南部〔町〕
なんぶ

青森県南東部,北上高地の北端に位置し,馬淵川中流域にある町。南で岩手県に接する。 1955年向村,平良崎村が合体して南部村となり,1959年町制。 2006年名川町,福地村と合体。馬淵川およびその支流沿岸にわずかに平地があり,米,リンゴなどを栽培するほか,サクランボを特産。南部氏ゆかりの三光寺境内には国の重要文化財の南部利康霊屋 (なんぶとしやすたまや) がある。南部氏本宗家が室町時代から戦国時代まで本拠地とした聖寿寺館跡 (しょうじゅじたてあと) は,国の史跡に指定されている。南西部の三戸町境にある名久井岳 (615m) を中心とする地域は名久井岳県立自然公園に属している。馬淵川に沿って青い森鉄道が横断し,国道4号線,104号線が通る。面積 153.12km2。人口 1万8312(2015)。

南部〔町〕
なんぶ

山梨県南西部,富士川の両岸にわたる町。西は身延山地,東は天守山地に及び,山地が大部分を占める。 1955年睦合村と栄村が合体し町制。 2003年富沢町と合併。地名は中世,南部氏の居館があったことによる。中心集落の南部はかつて富士川の河港であった。十枚荘温泉をはじめ,船山,内船 (うつぶな) ,佐野川などの温泉がある。気候は温暖で雨量に恵まれ,スギ,ヒノキの産地で,茶の栽培も導入された。近年は駿河湾岸の工場地域へ通勤する兼業農家がふえている。面積 200.87km2。人口 8067(2015)。

南部〔町〕
なんぶ

鳥取県西部,日野川の支流法勝寺川の上・中流域にある町。米子市の南および島根県の東に接する。 2004年 10月西伯町と会見町が合体し成立。中心集落の法勝寺と天万は江戸時代の宿場町で,法勝寺はたたら製鉄で知られた。開拓は古く,付近には古墳群や条里制遺構がある。「法勝寺焼」は伝統的な特産物。鎌倉時代の鉄製観音像を収蔵する白山神社がある。天万の大安寺には重要文化財の三角縁神獣鏡がある。米,タバコ,二十世紀梨などを産するほか,和牛飼育も行なわれる。米子市への通勤者も多い。国道 180号線が通る。面積 114.03km2。人口 1万950(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部町の関連情報