宿場町(読み)シュクバマチ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくばまち【宿場町】

街道など陸上交通要地にあって,休泊運輸などの便を備えた集落。早くから河口山麓などに発達して,平安時代には淀川と神崎川(三国川または江口川)の分岐点にあった江口(えぐち)や,その河口の神崎(かんざき),蟹島(かしま)などには多数の遊女がいて,京都の貴族らも遊興に赴いたほどであった。宿(しゆく)という名は平安後期から使われ出し,鎌倉時代には駅と併用されているが,しだいに宿が一般的となった。この時代には東海道の通行が多くなり,天竜川西岸の池田宿,浜名橋西畔の橋本宿などは繁華であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくばまち【宿場町】

江戸時代、五街道や脇往還などに中世以来の宿駅を中心に発達した町。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿場町の関連情報