出雲街道(読み)いずもかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲街道
いずもかいどう

出雲の国と山陽地方各地を結ぶ街道。出雲大社への参詣や出雲からの上洛の道であった。一般に京都を起点とし,姫路,上月江見,津山を経て四十曲峠を越え日野川の谷から出雲にいたる道をいう。古くは播磨から因幡に抜け,鳥取から海路出雲へ出る道,尾道から三次を経て出雲に出る道もそれぞれ出雲街道と呼ばれた。近世に入って四十曲峠を通る街道は出雲,石見の諸大名の参勤交代路とされた。現在ではそれぞれ国道となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の出雲街道の言及

【島根[県]】より

…中国山地を横断して山陽と連絡する鉄道としては,37年に木次(きすき)線(木次~備後落合),75年には三江(さんこう)線(江津~三次(みよし))が開通した。近世の街道は日本海沿いを東西に走る山陰道のほか,出雲街道(松江~四十曲峠~姫路),芸石街道(浜田~市木~広島)など南北を結ぶ街道があった。現在は山陰道の後身にあたる国道9号線,松江~三次~広島を結ぶ旧三次街道の54号線,江津~浜田~大竹を結ぶ186号線が主要道路である。…

※「出雲街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出雲街道の関連情報