天川節(読み)あまかわぶし

世界大百科事典 第2版の解説

あまかわぶし【天川節】

琉球王府時代にできた古典音楽の曲名,または古典女七踊の一つ。古典音楽では〈天川の池に遊ぶ鴛鴦おしどり)の 思羽(おもいば)の契り与所(よそ)は知らぬ〉〈天川の池や千尋(せんひろ)も立ちゆん (う)れよかも深く思て(たぼ)れ〉という2首の琉歌三味線にのせてうたう。歌意は〈天川の池に遊ぶ鴛鴦のように,愛し合って2人が契りを交わしたことをまだだれも知らない。天川の池の深さは千尋もあると聞いているが,それよりも深く私を愛して下さい〉という内容である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android