コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天川節 あまかわぶし

1件 の用語解説(天川節の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あまかわぶし【天川節】

琉球王府時代にできた古典音楽の曲名,または古典女七踊の一つ。古典音楽では〈天川の池に遊ぶ鴛鴦(おしどり)の 思羽(おもいば)の契り与所(よそ)は知らぬ〉〈天川の池や千尋(せんひろ)も立ちゆん 此(う)れよかも深く思て給(たぼ)れ〉という2首の琉歌を三味線にのせてうたう。歌意は〈天川の池に遊ぶ鴛鴦のように,愛し合って2人が契りを交わしたことをまだだれも知らない。天川の池の深さは千尋もあると聞いているが,それよりも深く私を愛して下さい〉という内容である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天川節の関連キーワード振鉾春鶯囀長慶子抜頭古典音楽短夜琉球王朝金武良仁アルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano solo琉球王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone