コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉歌 リュウカ

4件 の用語解説(琉歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐か〔リウ‐〕【×琉歌】

沖縄の短詩形の歌謡。主に八・八・八・六形式で、叙情的な内容のものが多い。一般に三線(さんしん)を伴奏に歌われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

琉歌【りゅうか】

沖縄の抒情短歌で,和歌に対していう。八・八・八・六の基本形式を持ち,必ず三線の伴奏を伴って謡われた。農家の娘である恩納なべや遊女よしやなどが代表的歌人として知られているが,《古今和歌集》などのヤマトの和歌を直接移した内容のものもある。
→関連項目琉球文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りゅうか【琉歌】

〔和歌に対して,琉球風の短歌の意〕
沖縄の短詩形歌謡。特に八・八・八・六形式の抒情的歌謡をいう。多く,三線さんしんの伴奏にのせて歌われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琉歌
りゅうか

沖縄本島を中心にして生まれた叙情歌。八・八・八・六音の三十音からなる定型の短歌が一般であるが、仲風(なかふう)とよばれる和歌風の音数(五・七)の混じったものや、八音を連ねて最後を六音で結ぶ長歌形式のものもある。音楽と舞踊と深く結び付いて発達し、現代に受け継がれている。
 琉歌の成立は15、6世紀ごろにさかのぼれる。その母胎はオモロ、ウムイ、クェーナなどという沖縄諸島に伝えられた叙事的な古謡に求められる。オモロは、本来不定型で複雑な歌形をもち、主題も祭式にかかわるものが多いが、後期になると、人や労働にかかわる主題をもつもののなかから琉歌とまったく同様の音数のものが現れ、琉歌への改作も行われるようになる。ちょうどこのころ入ってきた三線(さんしん)楽器は、それまで手拍子や鼓(つづみ)にあわせて謡われてきた古謡の悠長で長い歌形を、短く緊張させて律動的に定型化させる主因となったと思われる。なお、八・八・八・六音の成立について、本土の近世小唄(こうた)の影響を考える説もある。琉歌の主題は、恋歌、四季歌、祝歌、教訓歌、羇旅(きりょ)歌のほか、固有の民俗、信仰、生活などを背景にしたものもあり、多彩である。しかし圧倒的に多いのが恋愛歌で、秀作も多く、琉歌が個人の叙情を歌い上げるのにふさわしい歌形であることを思わせる。「七(ナナ)よみとはたいんかせかけておきゆて 里(サトウ)があかいづ羽御衣(バニンス)よすらね」(ごく上等のかせ糸をかけておいて、あのかたのために蜻蛉(とんぼ)の羽のように美しい着物を作ってあげたい)。
 琉歌の作者は、王、首里(しゅり)の貴族・士族階級の人々から農村の女性や遊女に至るまで、階層・性別を問わず幅広く、現在も沖縄の人々にその音数律が親しまれている。恩納(おんな)岳の麓(ふもと)に生活した恩納なべ、那覇の遊廓(ゆうかく)に生きたよしや思鶴(うみつる)は、際だって個性的な歌を残して有名であるが、ほかに教養ある男性歌人の数人を別にすれば、優れた作品のほとんどは「読み人知らず」の歌である。とくに女性の心を通じて結晶したものに秀作が多いところに、琉歌のもう一つの側面がうかがわれる。『琉歌百控(ひゃっこう)』は1795~1802年に編纂(へんさん)された古琉歌集で、613首が収められている。音楽中心の「歌う歌」として編集された代表的なものである。後になると「読む歌」としての体裁をとった琉歌集も編まれるようになる。『古今琉歌集』(1895)はその代表的なもので、節(曲)による分類を避け、『古今和歌集』に倣って主題による区分けをしたものである。また、3000首を収録した『標音評釈琉歌全集』(1968)は、読み方が表記されて学問的価値も高く、歌数の点でも琉歌の集大成といえるものである。[外間守善]
『外間守善編『鑑賞日本古典文学25 南島文学』(1976・角川書店) ▽外間守善・比嘉実・仲程昌徳編『南島歌謡大成 沖縄篇下』(1980・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の琉歌の言及

【沖縄[県]】より

…ウムイとオモロは本来同じものであるが,地方のウムイが中央で整理され,歌形をととのえていったものがオモロである。(3)抒情文学 奄美の島歌(しまうた),沖縄の琉歌,宮古のクイチャー,トーガニ,シュンカニ,八重山の節歌(ふしうた),トゥバラーマ,スンカニなどがある。島歌,琉歌,節歌などは総括的な呼称で,それぞれの中でまた長歌形と短歌形に分けることができる。…

【沖縄[県]】より

…ウムイとオモロは本来同じものであるが,地方のウムイが中央で整理され,歌形をととのえていったものがオモロである。(3)抒情文学 奄美の島歌(しまうた),沖縄の琉歌,宮古のクイチャー,トーガニ,シュンカニ,八重山の節歌(ふしうた),トゥバラーマ,スンカニなどがある。島歌,琉歌,節歌などは総括的な呼称で,それぞれの中でまた長歌形と短歌形に分けることができる。…

【琉球語】より

…たとえば,那覇nːhwa→なは,比嘉hwiza→ひが,金城kanaguşiku→きんじょう,などのようである。また,琉歌など歌謡を表記するために一種のかなづかいと当て字の慣習が成立し,固定化した。一方,文盲者の間では商取引や納税の際に,〈スーチューマーsuːcuːmː〉と呼ばれる一種の象形的な文字や,結縄(けつじよう)文字が用いられた。…

※「琉歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

琉歌の関連キーワード沖縄開発庁短歌和歌歌占歌誌詩歌本歌定型沖縄の強制疎開菱川善夫

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琉歌の関連情報