コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千尋/千仞 センジン

デジタル大辞泉の解説

せん‐じん【千尋/千×仞】

《「」「仞」は長さの単位》山などが非常に高いこと。また、谷や海などが非常に深いこと。ちひろ。「万丈の山、―の谷」

ち‐いろ〔‐ひろ〕【千尋】

ちひろ(千尋)

ち‐ひろ【千尋】

1尋の千倍。転じて、非常に長いこと。また、きわめて深いこと。「千尋の海」「千尋の谷底」
[補説]中世近世には「ちいろ」とも表記した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せんじん【千尋】

鹿児島の芋焼酎白麹を使用し、常圧蒸留した原酒を10年熟成させた古酒。切り子模様のボトルに詰めて出荷する。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数37%。蔵元の「薩摩酒造」は昭和11年(1936)「薩摩合同酒精」として設立。同24年(1949)現社名に変更。所在地は枕崎市立神本町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

千尋

鹿児島県、薩摩酒造が製造・販売する焼酎の商品名。高濃度原酒を樫樽で10年間長期熟成させた本格米焼酎。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちひろ【千尋】

〔「尋」は、両手を左右に広げた長さ。中世には「ちいろ」〕
非常な深さ・長さにいう語。 「 -の海底」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

千尋/千仞の関連キーワード逆転/アメリカ支配下沖繩の陪審裁判鹿児島県熊毛郡屋久島町原霧のむこうのふしぎな町高知県土佐清水市三崎『千と千尋の神隠し』いつも何度でもつかもと景子身を躍らせるいのちの名前見残し海岸芝の屋山陽先輩と彼女石黒五十二殉教の刻印山陽堂山陽林田一高勝川春章大杉峡谷大出千尋小嶋千尋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android