天朝(読み)てんちょう

精選版 日本国語大辞典「天朝」の解説

てん‐ちょう ‥テウ【天朝】

〘名〙
朝廷、また、天子を敬っていう
※続日本紀‐神亀五年(728)正月甲寅「伏惟大王、天命、日本開基、奕葉重光、本枝百世」
※十訓抄(1252)六「頼義義家等を天朝につくして、名を遠近にあげける」 〔晉書‐鄭黙伝〕
② 朝廷の統治する国。日本の国。
海道記(1223頃)「相模国鎌倉郡は〈〉天朝の築塩州也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天朝」の解説

てん‐ちょう〔‐テウ〕【天朝】

朝廷、または、天子を敬っていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android