天朝(読み)テンチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ちょう ‥テウ【天朝】

〘名〙
朝廷、また、天子を敬っていう語。
※続日本紀‐神亀五年(728)正月甲寅「伏惟大王、天命、日本開基、奕葉重光、本枝百世」
※十訓抄(1252)六「頼義義家等忠を天朝につくして、名を遠近にあげける」 〔晉書‐鄭黙伝〕
② 朝廷の統治する国。日本の国。
※海道記(1223頃)序「相模国鎌倉郡は〈略〉天朝の築塩州也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天朝の関連情報