コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天満天神 テンマテンジン

大辞林 第三版の解説

てんまんてんじん【天満天神】

菅原道真の霊を神格化した呼称。また、それをまつる神社。天満大自在天神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天満天神の言及

【菅原道真】より

… 死後,道真のたたりと称する異変が相次いで起こり,923年(延長1)罪を取り消して本官に復し,のち993年(正暦4)には正一位太政大臣を贈られた。その前から民間ではほこらを北野にたて,天満天神としてまつっており,以後,道真は文道の神として異例の尊崇を受けてきている。彼は勅命により892年《類聚国史》を撰し,また《三代実録》の編さんにもあずかった。…

※「天満天神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天満天神の関連キーワード天満宮(菅原道真を祀る神社)笑福亭 松鶴(6代目)大阪府大阪市北区天神橋横山ともや・みちや桂 文枝(5代目)神田祭(東京都)御船祭り・御船祭落語の東西交流吉本興業(株)桂文枝(6世)寄席(よせ)玉子屋 円辰太宰府天満宮北野天満宮笑福亭笑助吉本 せい菅原道真吉本せい田渕岩夫桂 文春

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天満天神の関連情報