コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪天満宮 オオサカテンマングウ

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐てんまんぐう〔おほさか‐〕【大阪天満宮】

大阪市北区にある神社。祭神菅原道真。天暦3年(949)創建。何度も火災に遭い、現在の本殿は天保14年(1843)に再建されたもの。毎年6月から7月にかけて、天神祭が行われる。天満天神

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大阪天満宮

大阪府大阪市にある神社。創祀は949年。祭神は菅原道真公。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪天満宮
おおさかてんまんぐう

大阪市北区天神橋に鎮座。菅原道真(すがわらのみちざね)を主神に祀(まつ)る。949年(天暦3)村上(むらかみ)天皇の勅願により、孝徳(こうとく)天皇が難波長柄豊碕宮(なにわながらとよさきのみや)の四境鎮護の神として鎮祭された大将軍社(現在は本宮の摂社)の森に創建された。旧府社。1975年(昭和50)天満宮より現社名に改称。俗に「天満(てんま)の天神さん」として知られ、7月24、25日に行われる「天神祭」の船渡御(ふなとぎょ)はとくに有名。例祭は3月25日。[寳來正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大阪天満宮の関連キーワードよしもとクリエイティブ・エージェンシー天満宮(菅原道真を祀る神社)大阪府大阪市北区天神橋江戸城障壁画の小下絵大阪府大阪市北区天神橋筋商店街大阪府大阪市天神祭と渡御金田 龍之介上田 耕冲津端 道彦曽根崎通り大道 久之寺井種清上田耕冲津端道彦天神橋筋相生楼天満宮天満

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪天満宮の関連情報