コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王立ち テンノウダチ

大辞林 第三版の解説

てんのうだち【天王立ち】

歌舞伎下座音楽の一。時代物の浄瑠璃狂言の大序や公家の出入りなど荘厳な場面に用いる鳴物。笛・大鼓・小鼓・太鼓を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天王立ちの関連キーワード浄瑠璃狂言出入り囃子やし大序鳴物

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android