コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天盛り てんもり

2件 の用語解説(天盛りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

てんもり【天盛り】

盛りの蕎麦・饂飩うどんに、天ぷらを添えたもの。天蒸籠てんせいろ
酢の物・煮物などを器に盛り付けた上に乗せるもののこと。木の芽やユズなどを用いる。これを添えることで、まだ誰も手を付けていないというもてなしの意も表す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

てんもり【天盛り】

日本料理で、酢の物・煮物・和え物などを盛りつけた上に、木の芽、針しょうが、刻んだゆずの皮など香りのよい食材をごく少量あしらうこと。また、その食材。季節の食材を用いることが多い。彩りや香りを添えるだけでなく、その料理に誰も手をつけていないという、客へのもてなしの意をあらわす。
②もりそばやもりうどんに天ぷらを取り合わせたもの。天ぷらもつけ汁につけて食べる。◇「天せいろ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天盛りの関連キーワード和え物一の膳白酢箸休め梅醤酢和え天盛合い肴和え物/韲え物奉書巻き

天盛りの関連情報