コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童正覚 てんどうしょうがく Tian-tong Zhengjue

2件 の用語解説(天童正覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天童正覚
てんどうしょうがく
Tian-tong Zhengjue

[生]元祐6(1091)
[没]紹興27(1157)
中国,宋の隰州出身の曹洞宗の僧。宏智正覚とも称された。幼少のとき出家し,丹霞子淳に師事し,その法を継いだ。建炎3 (1129) 年に天童寺に移り 30年間在住し 66歳で寂した。語録『頌古百則』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天童正覚
てんどうしょうがく
(1091―1157)

中国、宋(そう)代の曹洞(そうとう)宗の僧。丹霞子淳(たんかしじゅん)の法嗣(はっす)(弟子)。諡号(しごう)は宏智禅師(わんしぜんじ)。俗姓は李(り)氏。隰(しつ)州(山西省)の人。11歳で出家、14歳で具足戒を受け、18歳で遊行する。23歳のとき丹霞山(たんかざん)(河南省)で子淳に参じ、嗣法した。のち泗(し)州(安徽(あんき)省)普照寺、舒(じょ)州(安徽省)太平寺、長蘆山(ちょうろざん)(江蘇(こうそ)省)崇福院などを歴住し、1129年(建炎3)天童山(浙江(せっこう)省)景徳寺(天童寺)に入り、以後約30年間住してその復興に尽力した。その禅風は、臨済(りんざい)宗楊岐(ようぎ)派の大恵宗杲(だいえそうこう)の主唱する看話禅(かんなぜん)に対して黙照禅(もくしょうぜん)を説く。著書に『宏智覚和尚語要(わんしかくおしょうごよう)』一巻、『宏智覚禅師語録』四巻、『宏智広録』九巻があり、とくに『天童百則頌古(じゅこ)』は世に知られる。紹興(しょうこう)27年10月7日寂。[松田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天童正覚の関連キーワード薮内紹興営造法式エヌ没・歿勃・歿・没三角数紹興酒厰Diaz de la Peña,N.2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone