天童寺(読み)てんどうじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんどうじ【天童寺】

中国の浙江(せっこう)省の寧波(ニンポー)市東部25km、太白山の麓にあり、「東南仏国」と呼ばれる中国の禅宗五山の一つ。普時代の300年に義興禅師によって建立されてから何度か再建が繰り返され、建築面積4万5000m2、合計999間という、中国でもまれに見る大伽藍(がらん)として甦った。◇「天童寺」の名称は、開祖・義興が初めてこの地に庵を開き、寺院建立のための苦行を行っていた際に、玉皇太帝(道教の最高神)の命を受けた太白山の山神、「太白金星」が童子に身を借り、毎日、食事と飲み物を届けたという伝説に由来する。寺院は、麓から山腹にかけて階段状に建物が立ち並んでいる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんどうじ【天童寺 Tiān tóng sì】

中国の禅寺。宋代末期に制定された五山の第3位。浙江省寧波(ニンポー)府鄞(きん)県の東にある。寺伝では,西晋時代の創建で,唐代に再興されるが,宋代に孝宗が太白名山の勅額を贈り,景徳寺と称し,明代に天童寺といい,現在は天童弘法寺と称する。宏智正覚がここに住してからにわかに盛大となり,虚菴懐敞のときに,栄西入宋して,その法を伝えるとともに千仏閣を重建する。ついで長翁如浄のとき,明全道元が入宋伝法している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんどう‐じ【天童寺】

中国浙江省寧波市の太白山(天童山)にある寺。中国五山の一つ。西晉の永康元年(三〇〇)義興の開山。唐代七三二年に法璿(ほうせん)太白禅師が再興。栄西・道元なども参禅した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android