コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童法師 てんどうほうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天童法師 てんどうほうし

伝承上の聖人
母が日光でみごもったとされる天道信仰のシンボル対馬(つしま)(長崎県)につたわる。空中飛行ができ,病気でくるしむ天子のもとへとんでいき治療した。「われ観音の化身なり」と遺言して死んだという。天道法師ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android